standard-title フレキシブルディスプレイを搭載した世界初のウェアラブルを発表

フレキシブルディスプレイを搭載した世界初のウェアラブルを発表

世界初の高精細フレキシブルディスプレイを搭載したウェアラブル製品を発表
2018-07-16
フリーモント、カリフォルニア州、2018年7月17日 – Royole Corporation社、
モスクワの最新ワールドカップ決勝にて世界初となる新製品を発表し、
当日よりプレオーダーの受け入れを開始。

高度なフレキシブルディスプレイ、フレキシブルセンサー、スマートデバイスなどの次世代ヒューマンマシンインターフェース技術および製品の大手イノベーターおよびメーカーであるRoyole Corporationは、世界初の高精細フレキシブルディスプレイとセンサー技術を用いたデジタルウェアラブル製品を発売しました。創業者兼CEOのビル・リュウ博士は、モスクワで行われたワールドカップ決勝にて、ファンが当社製品であるフレキシブルウェアラブルを着用していたと発表し、その際、新製品であるRoyole Flexible ShirtとFlexible Top Hatを発表しました。

「画期的な、超薄型で完全にフレキシブルなディスプレイを、従来のスタイリッシュなシャツと帽子に組み込み、企業や個人の情熱、創造性、社会的意識を視覚的に表現するユニークな新しい方法を作り出しました。 だれもが、携帯電話からリアルタイムで自分の個性と目的を紹介するビデオコンテンツを選択して、簡単にモニターに再生し、移動中や公共の場でも、手軽に自分を表現できます。
また企業は、このFlexible Wearablesを使えば、あらゆる公共の場所でメッセージができます、究極のモバイル広告掲示板となることを知るでしょう。 Royoleのウェアラブル製品の着用で手軽に移動可能な表現は注目を集めることが保証されています。

Royole Flexible + Wearablesは組み立てが簡単で、着用も非常に快適です。

モバイルバッテリで駆動します。3GP / MP4ビデオとJPEG / GIF画像をサポートしています。

7.8インチで完全にフレキシブルなAMOLEDディスプレイは、両方のアイテムから簡単に取り外して再装着することができ、洗濯やドライクリーニングが可能です。

コンテンツを再生するため、小さめなハードウエアが付属しています。こちらはANDROIDが搭載されています。そのため、この折り曲げ可能なモニターはスマホなどからミラーリング可能なので、携帯のコンテンツをそのままこのモニターに再生させることもできます。

Royole Flexible Display Technology

Royoleの特許取得済みのフレキシブルディスプレイは、薄型、軽量、湾曲可能で、ユニークな機能と新しいアプリケーションを生み出します。
高解像度と高彩度の彩度が特徴で、鮮明な画像の明瞭さと品質を実現します。 Royoleのフレキシブルディスプレイは、中国の深センにある同社の新しい準-G6量産キャンパスで生産され、100%自己設計されたR&Dおよび製造施設で約1.7億ドルの投資を行いました。フルキャパシティーでは、生産は1年あたり最大5,000万のフレキシブルディスプレイユニットを製造可能です。

Royole Flexible Sensor Technology

Royoleは、高精度、直線性、および感度を実現するフレキシブルなセンサー技術を開発し、量産しています。多様な製品やソリューション、迅速な納期、短期間の生産サイクル、大量生産能力、製品の低コスト提供で知られています。Royoleセンサーは柔軟性の高い従来のアプリケーションと完全に互換性があり、曲げ半径はわずか1〜3mmで、100,000回曲がった後でも動作可能です。

Royoleのフレキシブルなディスプレイと柔軟なセンサー技術は、家電、スマートな輸送、スマートな家庭、スポーツやファッション、オフィスや教育、ロボット技術や医療など、それらの環境を改善し、快適に発展する事を目標としており、それこそがRoyole Flexible +プラットフォームの本質です。

Royole Corporationについて

Royoleの使命は、世界の人々とのやりとりの仕方を改善することです。同社は、2012年にスタンフォードのエンジニアリング卒業生によって設立されました。
高度なフレキシブルディスプレイ、フレキシブルセンサー、スマートデバイスなど、次世代のヒューマンマシンインターフェース技術と製品を開発、製造しています。
2014年、世界で最も薄いフルカラーのAMOLEDフレキシブルディスプレイとフレキシブルセンサー
2015年、世界初の折りたたみ式3Dモバイルシアター
2016年、フレキシブルエレクトロニクスに基づく世界初のカーカーダッシュボード
2017年、
最初のスマートライティングパッドをベースにしたRoWrite
2018年、
完全フレキシブルディスプレイのRoyoleの準G6量産キャンパスの量産を開始しました。

Royoleは、技術革新と急成長のために数々の賞を受賞しています。
フレキシブルディスプレイにおいて、2000を超える特許を取得しており、斬新な「フレキシブル+」プラットフォームにより、IPライセンス、サービス、量産、フレキシブルなエレクトロニクス・アプリケーション向けのソリューションを提供しています。


2018年9月に、パリコレにて使用された様子

RoyoeのマーケティングディレクターMr.Michael Williams曰く「ROYOLEの技術革新を通して、人々がより良く自分達の環境、置かれている世界を感じ、ファッションと科学技術を融合し、もっとアイディアがあふれるエキサイティングな製品を人々に提供して行きたい」


こちらの製品は日本国内でもすでに出荷しています。
フレキシブルシャツのみ(15万円、税別)
フレキシブルトップハットのみ(15万円、税別)
フレキシブルウェアラブルコンボ(シャツ+帽子)(25万円、税別)
の3種類があります。
ご購入に関しては info@yst.jp までお問い合わせください。